bootlegbooks_logo-1.gif

 2012年に立ち上げたネットや委託で本の制作・販売を行うそんな小さなガレージ・レーベル。それがbootleg! booksです。取次や一般書店を通さない出版レーベル。でも一般の書籍にも同人誌にも負けない品質と面白さを目指し、独自のラインナップを育てていきます。小ロットのためちょっと値段は高いかもしれませんが、ほかにはない魅力と愛情あふれる本作りを心がけ、一冊一冊リリースしていきます。

kau00.png

bootleg! booksの本をご購入されるにはふたつの方法があります。

kau01.png

現在、店頭で販売しているのは下記の店舗です

《東京》
とらのあな(全店)
COMIC ZIN
「BEEP」秋葉原店
bootleg! store

ご購入の際は在庫を確認のうえお願いします。

kau02.png

現在、ネットで販売しているのは下記になります。

amazon
とらのあな
COMIC ZIN
bootleg! store

※こちらでご購入の場合は別途送料がかかります。
 ご購入の際は在庫を確認のうえお願いします。

 このほかにもshopinfo@undersell.co.jpまでご連絡いただければ対応可能な場合もあります。
 お気軽にご連絡ください。

shiire.png

bootleg! booksの販売をご検討の方は下記までお気軽にご連絡ください。

shopinfo@undersell.co.jp

折り返し、担当がご連絡させていただきます。

mark9.png

お問い合わせのある方は下記までご連絡ください。

shopinfo@undersell.co.jp

折り返し、担当がご連絡させていただきます。

BB04
bb034png

『THE END OF ARCADIA EXTRA VERSION』
 著:大塚ギチ
 発売:2016月8月/定価:¥1,300(税別)
 サイズ:A6(文庫版)/項数:P168(1C)
 特典:ボーナストラック(鼎談:山下卓×佐藤大×大塚ギチ)・著者あとがき
    書きおろし短編
 発行:bootleg! books(UNDERSELL ltd.)
 ISBN:978-4-9906905-3-3

【ストーリー】
「ゲームセンターがまだ不良のたまり場だと思われていた時代。大学からほど近いその店でおれたちは知り合い、共に同じ時間を過ごした。日がな一日、最新のゲームに没頭し、情報を共有し、そして最高得点を競い合った。ゲームセンターを拠点としたゲーム・サークルが全国に無数あるなか、おれたちのサークルは少数精鋭のスコアラー集団として少しは名の知れた存在だった。あれから二十年。おれたちはかつての記録を超えるスコアを叩き出すために、再びそのゲームに挑む」。現代を舞台にスコアラーたちの挑戦を描く、再起動の物語。加筆修正および書きおろし短編を収録した待望のエキストラ・バージョン(特別版)。

BB03
bb03.png

『幼年期が終わった後に〜テレビゲーム評論集 2001-2012』
 著:宮昌太朗
 発売:2015月11月1日/定価:¥1,600(税別)
 サイズ:A6(文庫版)/項数:P318(1C)
 解説:海猫沢めろん
 発行:bootleg! books(UNDERSELL ltd.)
 ISBN:978-4-9906905-2-6

【解説】
「今後、ネットワークが整備されて、大量のデータを誰でも簡単に入手できるようになったら、“ネットワークvs携帯”などという下らない構図は吹き飛んでしまうだろう。もちろんいざそうなったとしても、どれだけ“楽しくカジュアルに”情報をエンジョイできるか、が競争の焦点になる。僕たちの21世紀は、すべからく気軽さに向かう。それはきっと間違いない」。ライター・宮昌太朗が雑誌『SFマガジン』誌上で2001年から書き続けるテレビゲームにまつわるコラム、その12年分を文庫として約300ページにアーカイブ。テレビゲームが分別のついた大人になっていくことを斜め四十五度の視点からカジュアルに予見し続けた著者初の評論集。(解説:海猫沢めろん)

BB02
bb02.png
【完売致しました】

『TOKYOHEAD RE:MASTERED』
 著:大塚ギチ
 発売:2013年1月/定価:本体1,429円(税別)
 サイズ:A6(文庫版)/項数:P168(1C/口絵4C×4P)
 特典:文庫版あとがき
 発行:bootleg! books(UNDERSELL ltd.)
 ISBN:978-4-9906905-1-9

【ストーリー】
「すべてはこの日から始まった。『バーチャファイター』というたった一つのおもちゃが多くの少年たちを進化させていく。人間の基本性能がバージョンアップ可能なのだとすれば彼らの動体視力と指先の反射神経は間違いなく最新型へと変貌していく。そして最新型の少年たちは大きな波を巻き起こしていく。ウェルカム・リアル、リアル・ムーヴメント・オブ・バーチャファイター」。突如現れた『バーチャファイター』というゲームが巻き起こしたムーヴメントをプレイヤーたちの姿を通して描いた幻のノンフィクション『トウキョウヘッド19931995』が完全復刻。文庫化にあたり「リマスタリング」を施した最終編集版(ファイナルチューンド)として蘇る、少年たちの一瞬の夏。

BB01
bb01.png
【完売致しました】

『THE END OF ARCADIA』
 著:大塚ギチ
 発売:2012月8月/定価:¥1,143(税別)
 サイズ:A6(文庫版)/項数:P160(1C)
 特典:ボーナストラック(鼎談:山下卓×佐藤大×大塚ギチ)・著者あとがき
 発行:bootleg! books(UNDERSELL ltd.)
 ISBN:978-4-9906905-0-2
 特設サイト:http://www.undersell.co.jp/arcadia/

【ストーリー】
「ゲームセンターがまだ不良のたまり場だと思われていた時代。大学からほど近いその店でおれたちは知り合い、共に同じ時間を過ごした。日がな一日、最新のゲームに没頭し、情報を共有し、そして最高得点を競い合った。出身も性格も違ったがなぜかおれたち四人は気が合った。いつしかおれたちは同じスコア・ネームを使うようになり、サークルを名乗るようになった。ゲームセンターを拠点としたゲーム・サークルが全国に無数あるなか、おれたちのサークルは少数精鋭のスコアラー集団として少しは名の知れた存在だった。あれから二十年。おれたちはかつての記録を超えるスコアを叩き出すために、再びそのゲームに挑む」。現代を舞台にスコアラーたちの挑戦を描く、再起動の物語。